弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 国指定文化財 > 旧第五十九銀行本店本館
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 国指定文化財 > 旧第五十九銀行本店本館

ここから本文です。

旧第五十九銀行本店本館

旧第五十九銀行本店本館

【重要文化財】

 

 

 

よみがな
きゅうだいごじゅうくぎんこうほんてんほんかん
員数
1棟
文化財の概要
木造、建築面積370.6平方メートル、二階建、桟瓦葺
附 棟札一枚 上棟明治卅七年十一月十九日
指定年月日
昭和47年5月15日
所在地
弘前市大字元長町
所有者・管理者
株式会社青森銀行

 

 
明治12年1月当市本町に設立された第五十九国立銀行は、明治30年改組して株式会社第五十九銀行となった。この建物は、同行の本店として明治37年に完成した。設計及び施工は、当時名匠といわれた弘前の棟梁堀江佐吉(ほりえさきち)である。
建物は土蔵と同じように壁を漆喰で塗籠め、窓にも漆喰塗の引戸を入れた防火構造である。外観はルネサンス風の意匠を基本とし、正面に展望台を兼ねた屋根窓を開くほか、屋根周囲にバラストレード、一階窓上部にペジメントをつけている。また内部天井には、金唐革紙(きんからかわかみ)が使われている。
和洋折衷手法の優れた明治建築である。
 
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る