弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 国指定文化財 > 岩木山神社拝殿・楼門
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 国指定文化財 > 岩木山神社拝殿・楼門

ここから本文です。

岩木山神社拝殿・楼門

岩木山神社拝殿・楼門

【重要文化財】

 

 

岩木山神社拝殿
 
よみがな
いわきやまじんじゃはいでん
員数
1棟
文化財の概要
(けた)(ゆき)五間、梁間(はりま)五間、一重、入母屋造、正面千鳥破風(はふ)付、向拝一間、とち葺形銅板葺
附 棟札二枚
建立寛永十七庚辰年林鐘大吉祥日
葺替安永四乙未年六月及び文政元戊寅年林鐘吉祥日
指定年月日
 明治41年4月23日
所在地
弘前市大字百沢字寺沢
所有者・管理者
岩木山神社
 
岩木山神社は山岳信仰に始まる古社で、この拝殿は元来、岩木山神社の別当寺・百沢寺(ひゃくたくじ)(神仏分離により廃寺)の大堂(本堂)として建てられたものである。天正17年(1589年)の岩木山噴火によって百沢寺全山が焼失した後、藩祖為信が慶長8年(1603年)に起工し、三代藩主信義の寛永17年(1640年)に至って完成した。壮大な五間堂で、外部を全面()塗り、内部を弁柄(べんがら)塗りとするが、千鳥破風内の彫刻や(かえる)(また)は極彩色で美しい。内部の構成も明快で、密教寺院本堂としての雰囲気を今に伝えている。

 


 

 

 

 

 

岩木山神社楼門
 
よみがな
いわきやまじんじゃ ろうもん
員数
1棟
文化財の概要
五間三戸楼門、入母屋造、とち葺形銅板葺
附 棟札四枚
葺替享保第四龍宿己亥林鐘廿有八日
修復享和三龍集癸亥孟夏
葺替安政四丁巳年七月廿日
葺替安政四丁巳年七月
指定年月日
 明治41年4月23日
所在地
弘前市大字百沢字寺沢
所有者・管理者
岩木山神社
 
百沢寺(ひゃくたくじ)の山門として、二代藩主信枚(のぶひら)の寛永5年(1628年)に建てられた。桁行16.6メートル、梁間7.98メートル、棟高17.85メートル、丹塗り一色の二層の壮大な楼門は周囲を圧する趣がある。柱は総円柱で階上まで通し柱、組物は両階とも三手先詰物、上層縁廻は高欄をまわす。内部は格子戸で内陣と外陣に仕切られ、外陣は板敷、内陣は段違床板張り。百沢寺時代には上層に十一面観音、五百羅漢像を安置したが、廃寺に際して取り除かれ、階下に随神像を祀り現在に至っている。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る