弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 国指定文化財 > 太刀 銘 友成作
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 国指定文化財 > 太刀 銘 友成作

ここから本文です。

太刀 銘 友成作

太刀 銘 友成作

【重要文化財】

 

 

 
よみがな
たち めい ともなりさく
員数
1口
文化財の概要
銘「友成(ともなり)作」
長さ80.2センチメートル、反り3.4センチメートル、目釘穴3個
附 糸巻太刀拵
指定年月日
大正14年4月24日
所在地
弘前市大字高岡
所有者・管理者
高照神社
 
友成は古備前の名工で、平安時代中期(永延、十世紀末)から鎌倉時代初期(嘉禎、十三世紀初)まで数名が名を継いでいる。この「友成」は古典的な姿で地鉄もよく、刃が冴え、健全でみごとな太刀である。(しのぎ)造、(いおり)棟、腰反り高く小切先で安定した力強い姿をしている。鍛えは小板目よくつみ美しい。藩祖為信が太閤秀吉から拝領し、最後の藩主承昭が同社に寄進したと言われる。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る