弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 国指定文化財 > 板石塔婆
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 国指定文化財 > 板石塔婆

ここから本文です。

板石塔婆

【重要美術品】

板石塔婆拓本の写真1 板石塔婆拓本の写真2
 
よみがな いたいしとうば
員数 1基
文化財の概要  
指定年月日 昭和17年12月16日
所在地 弘前市大字中別所字葛野
所有者・管理者 弘前市

 

中別所には石仏と公卿塚という2つの板碑群があり、石仏の中にこの碑がある。当地で兼平石(かねひらいし)とよぶ輝石安山岩を使い種子(しゅじ)バン(バン)、その下に「右当三十五日忌辰石塔婆三本」「立之志者奉為高椙故西円」「禅門聖霊也」「正応元年戊子七月廿三日源光氏敬白」(正応元年は1288年)と趣旨が三行、紀年及び建碑者名が一行で彫られている。他の板碑の銘文等も考えあわせると、源光氏は高杉の郷主であり、この碑ももとは隣接する高杉にあったものと思われる。また光氏は、長勝寺銅鐘寄進者の中にも名前が見られる。

この碑は、中世の郷主名をしるす資料として貴重であるばかりでなく、薬研彫(やげんぼり)梵字(ぼんじ)も津軽の板碑中傑出したものの一つである。

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る