弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 国指定文化財 > 長勝寺三門
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 国指定文化財 > 長勝寺三門

ここから本文です。

長勝寺三門

長勝寺三門

【重要文化財】

 

 

 
よみがな
ちょうしょうじさんもん
員数
 1棟
文化財の概要
三間一戸楼門、入母屋造、とち葺
附 棟札一枚
上梁寛永第六己巳秋
指定年月日
 昭和11年9月18日
所在地
弘前市大字西茂森一丁目
所有者・管理者
長勝寺
 
この門は、寛永6年(1629年)二代藩主信枚により建立されたものである。以後数回修理を受けたが、文化6年(1809年)の大修理で、下層に花頭窓(かとうまど)を設け仁王像を置くなど形式上の変更がなされた。 
上下層とも桁行9.7メートル、梁間5.8メートルで、棟高は16.2メートルある。軒は二軒繁垂木(ふたのきしげだるき)であるが、組物を三手先詰組(みてさきつめぐみ)とし上層縁廻の高欄親柱に逆蓮柱(ぎゃくれんばしら)を用いるなど、禅宗様の手法を基本としている。また、岩木山神社楼門(寛永5年建立、国指定重要文化財)と同じように柱を上から下までの通し柱とする特殊な構造をもち、江戸時代初期の重要な建築遺構の一つである。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る