弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 黒門
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 黒門

ここから本文です。

黒門

黒門

【市指定有形文化財】

 

 

 
よみがな
くろもん
員数
1棟
文化財の概要
高麗門(こうらいもん) 左右板塀附、板葺
指定年月日
昭和53年3月30日
所在地
弘前市大字西茂森一丁目
所有者・管理者
長勝寺
 
黒門は、長勝寺の門として最も東側に位置し、同寺の総門(表門)にあたる。建立年代は定かでないが、延宝5年(1677年)以前には現在地に門はなく、100メートルほど長勝寺寄りに下馬門があったことが文献から推定され、貞享4年(1687年)以降の史料では現在地に門の表示があることから、この10年ほどの間に、門が作られたと思われる。
門の総高は4.9メートル、主柱柱間4.3メートルで、主柱上と左右の控柱と主柱の間にそれぞれ切妻造の屋根が載り、平面はコの字形になっている。
正面に土居を作り入口を外桝形(そとますがた)として、出城の性格を持たせたといわれる長勝寺構に、城門として多用された高麗門があるのは興味深い。
 
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る