弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 屏風
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 屏風

ここから本文です。

屏風

屏風

【市指定有形文化財】

 

 

 
よみがな
びょうぶ
員数
1
文化財の概要
 
指定年月日
平成4年1月31日
所在地
弘前市大字高岡
所有者・管理者
高照神社
 
紙本金地著色、六曲一双。法量は各隻とも縦176センチメートル、横382センチメートル。新井常寛筆。
右隻に東方朔(とうほうさく)、左隻に王子喬(おうしきょう)を描く仙人図屏風。制作年については詳しいことはわかっていない。
新井家は江戸定府のお抱え絵師で、初代寒竹常償が貞享3年(1686年)に召抱えられて以来、幕末まで七代続いた。この屏風の作者、朴也常寛が新井家二代を継いだのは享保17年(1732年)だが、これに先立つ享保13、14年に高照神社に奉納された絵馬も常寛筆で、この時の絵馬奉納者は藩主一家(五代藩主と妻と側室、世子と妻、嫡孫、四代藩主の娘、五代藩主の娘)と家老一人である。新井常寛が、江戸定府のお抱え絵師として、藩の公的な絵画制作を精力的にこなしていたことが窺われる。 
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る