弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 信政公葬送図絵巻
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 信政公葬送図絵巻

ここから本文です。

信政公葬送図絵巻

信政公葬送図絵巻

【市指定有形文化財】

 

 

 

 

 
よみがな
のぶまさこうそうそうずえまき
員数
1巻
文化財の概要
 
指定年月日
平成4年1月31日
所在地
弘前市大字高岡
所有者・管理者
高照神社
 
四代藩主信政が高岡の地に葬送された時の様子を描く絵巻。縦27.2センチメートル、横1,052.0センチメートル。
奥書に「右者従御仮殿御喪屋江之御行列之御規式御座候 天保四癸巳年八月吉曜日 斎藤八郎左衛門藤原規房、行年六十五歳、奉謹集之 賀田村住玉慶、行季六十二歳敬画之」とある。
斎藤八郎左衛門規房は、藩の学問所和学方御用係で高岡祭司役。江戸で神道家吉川源十郎門に入り、神学の皆伝を受けている。
画家は今井玉慶。賀田村(弘前市賀田)の人で、賀田玉慶と名乗り、藩のお抱え絵師今村養淳に弟子入りして狩野派の技法を学んだことが知られている。天保5年(1834年)に亡くなっており、この絵巻は最晩年の作である。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る