弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 甲州廿四将之図
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 甲州廿四将之図

ここから本文です。

甲州廿四将之図

甲州廿四将之図

【市指定有形文化財】

 

 

 
よみがな
こうしゅうにじゅうししょうのず
員数
1幅
文化財の概要
 
指定年月日
平成4年1月31日
所在地
弘前市大字高岡
所有者・管理者
高照神社
 
津軽の画家、平尾魯仙の作。絹本著色。縦187センチメートル、横101センチメートル。
画題は武田二十四将図とも称され、武田信玄を中心に左右に居並ぶ武将たち、あわせて24人を描く。武士の主従の理想として人気のあった題材らしく、錦絵などにも描かれて民間に流布し、江戸時代半ば過ぎには基本的な構図が定まっている。
作者の平尾魯仙は幕末から明治にかけての津軽の人。博学で、俳人としても一家をなし、国学者としても有名だった。画家としての仕事は、仏画、人物、風景、種々の記録などあらゆる領域に渡り、また多くの門人を育て、彼らが津軽の明治画壇の中心となった。
 
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る