弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > お山参詣図襖絵
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > お山参詣図襖絵

ここから本文です。

お山参詣図襖絵

お山参詣図襖絵

【市指定有形文化財】

 

 

 
よみがな
おやまさんけいずふすまえ
員数
四面一式
文化財の概要
 
指定年月日
平成15年3月28日
所在地
弘前市大字下白銀町 弘前市立博物館
所有者・管理者
弘前市
 
お山参詣(岩木山の登拝行事、国指定重要無形民俗文化財)は、津軽一円から岩木山へ向い、旧暦8月1日の日の出を拝むために集団登拝する民俗信仰行事である。現在の形式が定着したのは江戸時代中期頃と考えられるが、江戸時代には旧暦8月1日の登拝は藩主のみで、一般は2日以降に登拝することが定められ、また、女性の登拝が許されたのは明治5年以降のことだった。
画家の工藤仙来は、文久3年(1863年)生まれの弘前の画家で、画業のほかに漆芸にも長じていた。この屏風は明治時代のお山参詣の風俗をよく伝えており、民俗資料としても価値を持つ。
 
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る