弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 栄螺堂
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 栄螺堂

ここから本文です。

栄螺堂

栄螺堂

【市指定有形文化財】

 

 

 
よみがな
さざえどう
員数
1棟
文化財の概要
八角二重円堂、宝形造、トタン葺(旧こけら葺)
指定年月日
昭和54年2月1日
所在地
弘前市大字西茂森二丁目
所有者・管理者
蘭庭院
 
天保10年(1839年)頃、弘前の豪商中田嘉兵衛の寄進により創立され、『津軽古今偉業記』によれば大工は秋田屋安五郎なる町大工であったと記されている。内部は右回り廻廊と直進階段を併用して昇降する。六角堂と俗称される。
さざえ堂(三匝堂(さんそうどう))で著名な建物としては福島県会津若松市の正宗寺に 寛政8年(1796年)のものがある。建築技術史上、和算の普及により規矩術が大成したのが享保12年(1727年)で、幕府作事方棟梁平内家がこれを公刊したのが文化9年(1812年)から天保4年(1833年)である。その技術が地方に波及した証明の存在は大きい意義を有する。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る