弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 木造豊太閤坐像
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 木造豊太閤坐像

ここから本文です。

木造豊太閤坐像

木造豊太閤坐像

【市指定有形文化財】

 

 

 
よみがな
もくぞうほうたいこうざぞう
員数
1躯
文化財の概要
 
指定年月日
昭和38年3月20日
所在地
弘前市大字藤代字川面
所有者・管理者
革秀寺
 
本像は、太閤が生前彫らせた三体の肖像の内の一体で、石田三成に与えられたものだという。それが関ヶ原の戦いで石田方が敗れた為に、三成の遺児が為信を頼って逃れる際に、津軽に持ち込まれたものと伝えられる。二代藩主信枚は、幕府に遠慮し、これを城内の館神本殿稲荷神像の背後に秘祀した。その後、廃藩に至るまで一度もこの像は開布されずにいたが、明治4年の館神社殿解体の際に外に出された。
太閤像は束帯姿の坐像で、像高わずかに7センチメートルの木造で、他の像同様、冠は金泥、袍は白地に花丸紋を薄く描き、胸に大きく桐紋を金泥盛上彩色している。その姿は、一般に流布する太閤坐像と全く規を一にする像である。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る