弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 梨地蒔絵文台・硯箱
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 梨地蒔絵文台・硯箱

ここから本文です。

梨地蒔絵文台・硯箱

梨地蒔絵文台・硯箱

【市指定有形文化財】

 

 

 
よみがな
なしじまきえぶんだいすずりばこ
員数
1具
文化財の概要
【梨地蒔絵文台】
高さ13.0センチメートル、幅58.0センチメートル、奥行34.0センチメートル
【梨地蒔絵硯箱】
高さ5.2センチメートル、幅23.5センチメートル、奥行25.0センチメートル
指定年月日
平成4年1月31日
所在地
弘前市大字高岡
所有者・管理者
高照神社
 
梨地金高蒔絵の揃いの一具で、津軽のぶ奉納品。
津軽のぶは関白近衛忠熈の息女で、最後の藩主津軽承昭の継室。幼名の信君から戸籍名を津軽のぶとしたが、後に尹子(ただこ)と改名。
文台(ぶんだい)は高さ二、三寸の小さな机で、歌会などで懐紙や短冊を載せるために用いた。通常、硯箱と対を成す意匠で飾られる。 
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る