弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 高照神社神饌殿
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 高照神社神饌殿

ここから本文です。

高照神社神饌殿

高照神社神饌殿

【市指定有形文化財】

 

 

 
よみがな
たかてるじんじゃしんせんでん
員数
1棟
文化財の概要
桁行七間、梁間四間、入母屋造、鉄板葺
指定年月日
平成13年10月15日
所在地
弘前市大字高岡
所有者・管理者
高照神社
 
建築年代は不明だが、宝暦5年(1755年)の境内絵図に記載されていることから、現在の拝殿(国指定重要文化財)と同時に建立されたものと推測される。床は板敷で、南北に板戸による窓を設け、他は板壁となっている。出入り口は渡廊側と南西隅の2箇所にある。
拝殿の南に隣接して建ち、現在は1本の渡廊で繋がれているが、前記の宝暦五年絵図では2本の渡廊で拝殿と連絡されている。拝殿と連なって一体の社殿景観を構成する建物である。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る