弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 近衛龍山筆津軽富姫弔歌
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 近衛龍山筆津軽富姫弔歌

ここから本文です。

近衛龍山筆津軽富姫弔歌

近衛龍山筆津軽富姫弔歌

【市指定有形文化財】

 

 

 
よみがな
このえりゅうざんひつつがるとみひめちょうか
員数
1巻
文化財の概要
 
指定年月日
平成10年11月27日
所在地
弘前市大字西茂森一丁目
所有者・管理者
藤先寺
 
『津軽一統志』によれば、これは、慶長8年(1603年)4月に大光寺で病死し、同所の藤先寺に葬られた大光寺左馬助の室、富姫(津軽為信息女、法名然慶妙悠大姉)の供養に、近衛前久(元関白、龍山は号)が長文の詞書を添えて、「なむあみたふ」の六字名号に合わせて6首を詠んだ自筆の追悼歌である。また近衛龍山と津軽為信の関係は、文禄2年(1593年)に秀吉に謁見した為信に対し、牡丹の丸の家紋を許したことなどが知られる。
本史料は両家の歴史的な関係を知る貴重なものであり、また戦国期を代表する文化人・歌人・書家であった龍山の作品としても重要である。
なお、享保9年(1724年)に藩の用人桜庭半兵衛が現在の赤地金欄で表具をしている。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る