弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 乳井神社社殿(旧毘沙門堂)
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 乳井神社社殿(旧毘沙門堂)

ここから本文です。

乳井神社社殿(旧毘沙門堂)

乳井神社社殿(旧毘沙門堂)

市指定有形文化財

 

 

 
よみがな
にゅういじんじゃしゃでん(きゅうびしゃもんどう)
員数
1棟
文化財の概要
桁行五間、梁間五間、入母屋造、向拝一間、鉄板葺
指定年月日
平成10年11月27日
所在地
弘前市大字乳井字外ノ沢
所有者・管理者
乳井神社
 
乳井神社は、中世の津軽に力を持った福王寺の後身と考えられ、この社殿は三代藩主信義が明暦元年(1655年)に毘沙門天堂として建立したものという。もとはこけら葺だったが、文政3年(1820年)の修理の際に茅葺に変更され、現在は鉄板葺である。
神仏習合時期の貴重な遺構であるとともに、小屋組の木を縄で結ぶなど、古式の建築様相を色濃く伝えている。一棟を前後に仕切り内外陣としていたが、現在はもとの内陣を幣殿、外陣を拝殿としている。
なお、大工棟梁は竹内彦太夫といわれ、竹内一族は岩木山神社、津軽家霊屋などの普請に携わったことが知られている。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る