弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 卜傳流剣術
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 卜傳流剣術

ここから本文です。

卜傳流剣術

卜傳流剣術

【市指定無形文化財】

 

 

 
よみがな
ぼくでんりゅうけんじゅつ
員数
 
文化財の概要
 
指定年月日
平成21年4月15日
所在地
弘前市大字春日町
所有者・管理者
卜傳流剣術保存会
 
戦国時代の剣豪塚原卜伝に流祖を求め、弘前のみで伝えられている古武道の流派である。伝えられるところでは、卜伝より十六伝目の田中武平の弟子中村次太夫が、延宝年間に津軽を訪れて棟方十左衛門清久(馬廻組頭)に伝授した。後に小山次郎太夫家が師範家として継承し、現在まで伝えている。
塚原卜伝を流祖とする流派の中でも、独自の発達をした地域性の強い流派であり、また、演武の形が技芸として高い水準で伝承されている。実際の技術は具体的な剣術形と口伝によって伝承され、修得のための「わざことば」や伝統的な修得のシステムが残されている。伝えられる演武の形は、大太刀25本、小太刀16本、奥伝3本を数える。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る