弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 市の施設・各種施設 > 弘前公園 > 弘前公園有料区域
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 市の施設・各種施設 > 弘前公園 > 弘前公園有料区域

ここから本文です。

弘前公園有料区域

 

公園内には、藩政時代から引き継がれてきた貴重な文化財が多数あり、これらの保存や公園としての環境整備、維持管理のため、多額の経費を要しています。
このため、4月1日から11月23日までの期間、弘前公園の一部区域を有料化しています。

 

有料区域

有料区域は弘前城(本丸・北の郭)、弘前城植物園です。

 

弘前公園有料区域

 

弘前城植物園の入園料などに関しては、弘前城植物園のページで確認することができます。

弘前城植物園のページ

 

弘前城(本丸・北の郭)

有料期間

4月1日~11月23日

 

有料時間

午前9時~午後5時

ただし、4月23日から5月5日までの期間は午前7時から午後9時まで

 

入園料

【単独券】

[弘前城(本丸・北の郭)の1日入園券]

個人 大人(高校生以上) 310円
子ども(小・中学生) 100円
団体 大人(高校生以上) 250円
子ども(小・中学生) 80円

 

【弘前城通年券】

[弘前城(本丸・北の郭)の年間入園券]

個人 大人(高校生以上) 1,020円
子ども(小・中学生) 300円

 

【共通券】

[弘前城(本丸・北の郭)、弘前城植物園と藤田記念庭園の1日入園券]

個人 大人(高校生以上) 510円
子ども(小・中学生) 160円
団体 大人(高校生以上) 460円
子ども(小・中学生) 130円

 

【共通通年券】

[弘前城(本丸・北の郭)、弘前城植物園と藤田記念庭園の共通通年券]

個人 大人(高校生以上) 2,050円
子ども(小・中学生) 610円

 

無料対象者

次のいずれかに該当する場合は入園料が無料となります。

ただし、4月23日から5月5日の期間は除きます。

 

◎市内に住所がある満65歳以上の人

◎市内に住所がある小・中学生

◎市内にある小・中学校に在籍する児童生徒

◎障害者手帳等の交付を受けている人

◎市内にある障がい者等施設に入所または通所する人

◎市内に住所のある大学等の外国人留学生

◎市内にある大学等に在籍する外国人留学生

◎上記に該当する人で介護が必要な場合はその介護者

 

※市内の小中学校が学習目的で入園する場合は申請により減免となります。

 

無料開放日

5月の最終日曜日は無料開放日となっています。弘前城(本丸・北の郭)に無料で入園いただけます。

 

弘前城(本丸・北の郭)の遺構

本丸

【弘前城天守】

本丸東南隅に建つ三重三層の天守は、文化7年(1810年)に再建されました。江戸時代からの現存天守としては、東北地方では唯一のものであり、弘前のシンボル的な存在です。

 

 

写真:北の郭から見た天守

 

北の郭

【武徳殿休憩所】

明治44年に演武場として建設され、その後休憩所として保存修理したもので、物産の販売や喫茶コーナーがあり、また北の郭で発掘された出土品も展示しています。

 

写真:武徳殿休憩所

 

【館神(たてがみ)跡】

太閤秀吉の木像をご神体として安置した場所で鳥居の礎石、本殿の柱などを表示しています。

 

写真:本丸から望む館神跡

 

【子の櫓(ねのやぐら)跡】

武具や藩庁日記などを保管していた三層の櫓の跡で、展望デッキからは櫓の礎石など、発掘されたままの状態をみることができます。

 

写真:展望デッキ

 

【籾蔵(もみぐら)跡】

籾蔵を構成する礎石列を、区画内の舗装を変えて示しています。

 

イラスト:北の郭

 

 

問い合わせ先

担当 公園緑地課

電話 0172-33-8739

アンケートフォーム

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る