弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市政情報 > 広聴 > わたしのアイデアポスト > 寄せられたアイデアと回答(市政)
現在の位置: 弘前市トップ > 市政情報 > 広聴 > わたしのアイデアポスト > 寄せられたアイデアと回答(市政)

ここから本文です。

寄せられたアイデアと回答(市政)

寄せられたアイデア一覧

子連れや配慮が必要な方だけでも用紙の記入を免除してほしい…(4月回答)
総合案内には少なくとも2名配置すべきてはないか…(5月回答)
弘前市の全ての審議会・審査会の委員の選考につき公募制を導入してはどうか…(5月回答)
コンビニで納付できる金額で納付書を分けてほしい…(6月回答)
ふるさと納税の返礼品に空き家見守りサービスを取り入れてはどうか…(8月回答)

 

アイデアと市の回答

子連れや配慮が必要な方だけでも用紙の記入を免除してほしい

3月末と4月初めに、住民票と戸籍抄本、その他手続きのため市役所に伺いました。

生後2ヶ月の娘を抱っこして伺ったのですが、混雑しているということで今までは無かった用紙の記入を求められました。

ただでも気を遣い、不便なことが多い子ども連れでの手続き…ますます市役所は行きづらい所だ、と感じました。

画一的な対応ではなく、子連れや配慮が必要な方のみでも用紙の記入を免除していただけないものかと思いますがいかがでしょうか。

【30代女性】

回答

このたび、3月末と4月初めの窓口が大変混雑する時期(繁忙期)に市役所をご利用されました際に、ご不快な思いとご不便をおかけいたしましたこと、深くお詫び申し上げます。

当市は、住民票等の交付請求(申請)書の記入にあたり、来庁されるお客様のご負担の軽減を図るため、職員が交付請求(申請)書の作成支援を行っております。

しかしながら、繁忙期においては、ご来庁されたお客様に待ち時間を利用し、請求(申請)書のご記入についてご協力をいただき、交付時間の短縮を図っているところです。

今回の場合は、状況の把握が出来ず画一的な対応をし、生後2ヶ月のお子様を抱っこしている中での申請書記入ということで、大変無理なお願いをしてしまいました。

今後におきましては、お客様の状況に配慮したご案内に心がけてまいりますので、ご理解くださいますようお願いします。

【市民課】(平成30年4月18日回答)

総合案内には少なくとも2名配置すべきてはないか

かなり久しぶりに市役所に来ました。

何から何まで変わり、全体的にコンパクトというか、こじんまりとして静かで、しかも隣同士の区切りがあるので今までとちがって気をつかわずに用をたせました。

ただ申し上げたいのは、まずは総合案内に立ち寄ったのですが(PM4:20)なかなか電話をやめず(用件でしょうが)待ち切れず通りすがりの男の職員に用件をききましたが、わからないようで気もあせりました。

案内には少なくとも2名配置すべきてはないかと思いましたので投函しました。   

【70代女性】

回答

このたび、市役所をご利用されました際に、ご不快な思いとご不便をおかけいたしましたこと、深くお詫び申し上げます。

当市の総合案内は、日頃から来庁されるお客様のご負担の軽減を図るため、職員がお客様のご用件等をお聞きし、適切な窓口へご案内する等、市民サービス向上に努めているところでございます。しかし、ご来庁された午後4時過ぎ頃は、通常であれば混雑しない時間帯であることから、総合案内職員(パート職員)を1名配置としていたものです。

総合案内職員を2名配置するべきとのご提案をいただきましたことにつきまして、今後は、これまで以上にお客様案内の仕方を工夫しながら対応してまいります。

また、職員が市役所を利用される皆様から用務先等を訪ねられた場合は、適切な対応ができるように接遇研修等を通じて指導しているところでありますが、お尋ねにお答えできなかったことについても、併せてお詫びいたします。これにつきましても、人事担当を通じて職員としての自覚を持った対応に努めるよう、再度指導を徹底して参りますので、ご理解くださいますようお願いします。

【市民課】(平成30年5月7日回答)

弘前市の全ての審議会・審査会の委員の選考につき公募制を導入してはどうか

弘前市の全ての審議会・審査会の委員の選考につき公募制を導入してはいかがでしょうか。現在の委員の条件として「学識経験者」ということになっているようですが、選考過程が不透明です。そこで、オープンな公募制を義務付け、市民の中にいる「学識経験者」にも機会を与え、広く人材を登用してみてはいかがでしょうか。

回答

このたびは貴重なご提案をいただきありがとうございます。

ご提案いただいた審議会・審査会につきましては、地方自治法に規定されております法令または条例を根拠とした執行機関の附属機関となっております。

ご提案にあります附属機関の委員への公募制導入につきましては、市政への市民参画を促進するため、一部の附属機関では既に公募制を導入しております。

ただし、法令又は条例等の規定により特定の職に就く者を委員に充てるとされているものや極めて高度な専門知識等を必要とするもののほか、附属機関の設置目的及び所掌事項に照らし、個人情報保護・秘密の確保・中立・公正の確保が必要とされる場合には、要件に該当する委員で構成しております。

当市では現在68機関の附属機関のうち、委員の公募が可能となっている附属機関は35機関あり、公募の方法につきましては、広報ひろさき及び市ホームページにおいて広く周知をしており、応募者資格につきましても、20歳以上で市民の方であれば、学識経験者であるかを問わずどなたでも応募することができます。

今後も市政への市民参画を促進するため、積極的に附属機関の委員を公募してまいりますので、ご理解をくださるようお願いいたします。

【ひろさき未来戦略研究センター】(平成30年5月25日回答)

コンビニで納付できる金額で納付書を分けてほしい

住民税や国保の納付書はコンビニで納付できるので便利だが、金額が大きいとコンビニで納付できない納付書になってしまう。このような場合、国税の納付では税務署に連絡すると、コンビニで納付できる金額で納付書を複数枚に分けてくれるが、弘前市ではそのような対応ができないそうなので、検討してほしい。

回答

当市では市税等の納付につきまして、納期内納付を原則としてお願いしているところであり、分割にした場合のコンビニ納付についてはシステムが対応していないことから、金融機関等での窓口納付となるものです。なお、コンビニで収納できる金額の上限は30万円までと定められております。

ご提案いただきました件については、当市としても納税者の負担を軽減しながら、納付環境の整備促進を進めていく中での課題として捉えておりますが、システムの改修費用や徴収取扱手数料のコスト増加などにより実現に至っていないものであります。今後もご提案を参考として、納付環境の整備促進について検討を進め、市民サービスの向上に努めてまいりたいと考えております。

【収納課】(平成30年6月20日回答)

ふるさと納税の返礼品に空き家見守りサービスを取り入れてはどうか

ふるさと納税の返礼品にこのようなサービスを検討していただけませんでしょうか。弘前市内の空き家対策に見守りサービスはいかがでしょうか。市外又は県外に居住している者はなかなか見に行くことが出来ません。このようなサービスがあると安心していられると思います。

雇用創出やシルバー人材センターの活用につながると思うのですが。

回答

弘前市ではふるさと納税をシティプロモーションとして活用しており、返礼品についても弘前市をPRできるもの、魅力を発信できるものを選定しております。

特産品以外にもサービスや体験型の返礼品の追加を検討しておりますので、その

中で空き家の見守りサービス等につきましても、シティプロモーションにつながるかを踏まえながら追加できるかどうかを検討していきたいと考えています。

【広聴広報課】(平成30年8月21日回答)

 

 

 

問い合わせ先

担当 広聴広報課 広聴広報担当

電話 0172-35-1194

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

回答が必要な場合はこちら

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

 

質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

市政情報メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る