弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > くらし > 環境保全 > 動物愛護について
現在の位置: 弘前市トップ > くらし > 環境保全 > 動物愛護について

ここから本文です。

動物愛護について

かわいそうな動物を増やさないために

近年、飼い主の都合で処分されるペットが増えています。

「動物の愛護及び管理に関する法律」では、飼い主の責任として、終生飼養、逸走の防止、

繁殖に関する適切な措置などが定められています。

家族の一員であるペットが寿命をまっとうし、幸せな最期を迎えられるよう、責任と愛情

をもって育てましょう。

 

「所有者のいない猫」を増やさないために

所有者のいない猫とは、飼い猫を逃がしたり、捨てたりした結果、子猫が産まれて増えて

しまったものです。

多くの猫は1歳になる前に繁殖が可能となり、10年間でおおよそ50~150匹の子猫を生む

ことができます。

また、猫の繁殖期は毎年2月頃から始まり、それに伴い下記のような苦情や相談が増えて

います。

 

・糞尿による悪臭に困っている。

・自宅の周囲に居ついて困っている。

・子猫が産まれている。

 

飼育される見込みのない猫を増やさないために、猫の放し飼いはしないようにし、適正な

飼育ができない場合は、不妊・去勢手術をするようお願いいたします。

また、野良猫への無責任な餌付けは「所有者のいない猫」を増加させるだけですので、

絶対に行わないようにしてください。

 

動物を虐待すると法律で罰せられます

・むやみに傷つけたり、殺した場合は「2年以下の懲役または100万円以下の罰金」

 

・故意に衰弱させたり、負傷等に対して適切な処置を行わないまま放置したり、

 虐待や遺棄をした場合は「100万円以下の罰金」

 

青森県動物愛護センター

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

くらしのメニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る