弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 絹本著色当麻曼荼羅図
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 絹本著色当麻曼荼羅図

ここから本文です。

絹本著色当麻曼荼羅図

絹本著色当麻曼荼羅図

【県重宝】

 

 

 

 
よみがな
けんぽんちゃくしょくたいままんだらず
員数
1幅
文化財の概要
 
指定年月日
平成3年3月13日
所在地
弘前市大字新寺町
所有者・管理者
貞昌寺
 
日本で長い間用いられてきた極楽浄土図の代表的な存在が「当麻曼荼羅図」で、浄土宗が「観経曼陀羅」と呼んで重視してきたものである。
この貞昌寺本は、東北では数少ない鎌倉時代にさかのぼる古本であるだけでなく、そのすぐれた描写力と色彩感覚から十四世紀初めに京都の第一級の絵仏師が描いたものと推定される。700年を越える月日が画面に損傷を与えているが、主要な部分は今も十分鑑賞に耐える。貞昌寺では毎年春か秋の彼岸の際などに公開している。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る