弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 木彫阿弥陀如来立像
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 木彫阿弥陀如来立像

ここから本文です。

木彫阿弥陀如来立像

木彫阿弥陀如来立像

【県重宝】

 

 

 

 
よみがな
もくちょうあみだにょらいりゅうぞう
員数
1躯
文化財の概要
 
指定年月日
昭和31年5月14日
所在地
弘前市大字新寺町
所有者・管理者
西光寺
 
中世奥羽の浄土宗布教で名高い金光(こんこう)上人が、外ヶ浜の川(蓬田村阿弥陀川とも言う)から引き上げて祀った、という伝承を持つ一尺六寸像として造られた像である。寄木造漆箔玉眼の構造だが、表面が燻煙のため当初の箔や玉眼は推定に基づく。左肩から袈裟を吊る服制は必ずしも古様な特徴ではないため、制作年代は江戸時代以前と大まかな推定にとどめたい。細かな造作を見せる(きょ)身光(しんこう)の光背と台座は江戸時代後半の補作である。
なお、西光寺には文化13年(1816年)に江戸京橋の仏師小林長五郎が制作した金光上人の坐像も伝来している。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る