弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 釣燈籠
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 釣燈籠

ここから本文です。

釣燈籠

【県重宝】

 

よみがな つりどうろう
員数 1個
文化財の概要 高さ36.5センチメートル、胴回り60.5センチメートル、重量3キログラム
銘文 日域奥津鼻大浦 西勝院弘信法師
   立願為也一所成就 岩木山宝殿
   施主三上盛介 永正十四季丁丑八月一日
指定年月日 昭和31年5月14日
所在地 弘前市大字百沢字寺沢
所有者・管理者 岩木山神社

銅板製金鍍金、花紋透彫りの六角釣燈籠。銘文により、大浦郷にある西勝院の弘信法師が願を立て、三上盛介なる人物が施主となり永正14年(1517年)に奉納したものとわかる。弘信は、もと常陸の人。のち天文元年(1532年)に堀越城外に最勝院を建て開山となった。

岩木山神社に関する室町時代の遺物としても、津軽の中世史に関する資料としても貴重である。

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る