弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 根笹派大音笹流錦風流尺八
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 根笹派大音笹流錦風流尺八

ここから本文です。

根笹派大音笹流錦風流尺八

根笹派大音笹流錦風流尺八

【県技芸】

 

 

 

 
よみがな
ねざさはおおねざさりゅうきんぷうりゅうしゃくはち
員数
 
文化財の概要
 
指定年月日
昭和56年6月23日
所在地
 
所有者・管理者
 
 
九代藩主寧親の命により小納戸役の吉崎八彌好道が、文化12年(1815年)に下総の一月寺に入門して習得し、文政元年(1818年)帰藩し伝えたものという。その後伴勇蔵建之等によって継承されて現在に至っている。他県の錦風流は、明治以後に津軽から伝えられたものである。
錦風流尺八は普化尺八の伝統に属する一流派ではあるが、津軽十調子〔調、下り葉、松風の調べ・松風、通里、門附、鉢返し、三谷清攬、獅子、流鈴慕、虚空〕と外曲〔流六段(一閑流六段)、宮城鈴慕、鶴の巣籠〕は伝承曲が特異であり、またその奏法(特にコミやチギリ)にも独自なものがあり、全国的に稀有な技芸である。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る