弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 大杉
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 大杉

ここから本文です。

大杉

大杉

【県天然記念物】

 

 

 
よみがな
おおすぎ
員数
2
文化財の概要
 
指定年月日
昭和31年5月14日
所在地
弘前市大字十腰内字猿沢
所有者・管理者
巌鬼山神社
 
巌鬼山神社の草創には諸説が伝わっている。大同2年(807年)坂上田村麻呂が創建したとする説と、寛治5年(1091年)百沢に移るまで岩木山神社の下居宮がここにあり、その後巌鬼山西方寺観音院がその旧跡に営まれたという説である。
いずれも伝承の域を出ないが、藩政時代初期には既に広範な信仰を集めていたものと考えられる。
この大杉二本の樹高は41メートル、幹周は10メートルと8.5メートルを計る。樹齢はおよそ1000年でいずれも神木にふさわしい樹形を呈しており、地元民からの信仰も厚く、深浦町の「関の杉」(県天然記念物)などとともに、県内でも有数の古木に属するものである。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る