弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 向外瀬のモクゲンジ
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 向外瀬のモクゲンジ

ここから本文です。

向外瀬のモクゲンジ

向外瀬のモクゲンジ

【県天然記念物】

 

 

 
よみがな
むかいとのせのもくげんじ
員数
1本
文化財の概要
樹齢250年以上、樹高11メートル、幹周3.1メートル
指定年月日
平成9年5月14日
所在地
弘前市大字向外瀬四丁目
所有者・管理者
個人
 
ここには江戸時代に藩の薬園があり、戦前まではその面影を残していたといわれているが、その名残りの一つがこのモクゲンジである。
モクゲンジは、別名をセンダンバノボダイジュといい、仏教の聖樹であるインドボダイジュの代用として寺院に広く栽培されているが、もともとは夏に花を採取し、風邪の咳止めや殺虫に用いるなどの薬用であった。また、この両者に植物学上のつながりはなく、その種子で数珠を作ることから、ボダイジュと結びつけられたと思われる。
幹周が2メートル程度でも記録に残ることから、我が国でも最大級の古木であると思われ、藩の薬園を示す資料としても極めて貴重な樹木である。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る