弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 国指定文化財 > 刀 無銘 伝来国光
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 国指定文化財 > 刀 無銘 伝来国光

ここから本文です。

刀 無銘 伝来国光

 

【重要文化財】
 
刀 無銘 伝来国光
 
よみがな
かたな むめい でんらいくにみつ
員数
1口
文化財の概要
無銘
長さ70.6センチメートル、反り2.3センチメートル、目釘穴1個
指定年月日
昭和34年12月18日
所有者・管理者
個人
 
来国光(らいくにみつ)は、鎌倉時代の山城国住来国俊(くにとし)の門下と称され、鎌倉時代末期から南北朝時代にわたる刀工で、太刀や短刀を得意とした。この刀は、鎬(しのぎ)造庵(いおり)()棟、大磨上げで反りがやや高い。地鉄の鍛えよくつむ。大磨上げながら堂々たる姿で、地刃、肉置き共にすこぶる健全で、無銘ながら来国光の作中屈指の名刀である。
徳川五代将軍綱吉が、柳沢吉保の子吉里が初登城の際に引出物に与えた刀とされ、『徳川実紀』にも記されている逸品である。
 
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る