弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 国指定文化財 > 大森勝山遺跡
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 国指定文化財 > 大森勝山遺跡

ここから本文です。

大森勝山遺跡

大森勝山遺跡

【国指定史跡】

 

 

 
よみがな
おおもりかつやまいせき
員数
 
文化財の概要
 
指定年月日
平成24年9月19日
所在地
弘前市大字大森字勝山
所有者・管理者
弘前市
 
岩木山の北東麓、大森川、大石川に挟まれた標高130~150メートル前後の舌状大地上に立地する縄文時代晩期前半期に形成された環状列石を中心とする遺跡。昭和34~36年度に発掘調査が実施され、発見当時日本最大の住居跡とされた大型竪穴建物跡、環状列石などが確認された。環状列石はは77基の組石で構成され、長径(南西-北東方向)に48.5メートル、短径39.1メートルの楕円形を呈する。現在は遺構を埋め戻しているが、岩木山を背景とした、縄文時代を彷彿とさせる良好な遺跡景観を維持していることも貴重である。

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る