弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 国指定文化財 > 大森勝山遺跡
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 国指定文化財 > 大森勝山遺跡

ここから本文です。

国指定史跡 大森勝山遺跡 Omori+Katsuyama+Stone+Circle

縄文人が見た景色がこの弘前に。岩木山を望む縄文人の祈りの場

メニュー

 

史跡「大森勝山遺跡」の概要

大森勝山遺跡は今から約3,000年前の縄文時代晩期の環状列石(ストーンサークル)が発見された遺跡です。

縄文時代晩期の環状列石は、国内でも数が少なく、かつ、発掘調査により全容が判明したのは大森勝山遺跡が唯一の事例です。

また、遺跡は防風林や自然林等に囲まれており、人工物が目に入らない、縄文時代をほうふつとさせるような国内屈指の遺跡景観を有していることも、この遺跡の魅力の1つです。

このことから、平成24 (2012)年9月19日、大森勝山遺跡は国の史跡に指定され、同年12月には世界遺産登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産の1つに加わりました。

 

環状列石と岩木山(2020年)

大森勝山遺跡と岩木山(2020年、東から)

環状列石と岩木山(2007年、北東から)

環状列石と岩木山(2007年、北東から)

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

回答が必要な場合はこちら

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

 

質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

施設利用のお問い合わせ(予約・申込等)については、各施設にご連絡ください。

大森勝山遺跡

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る