弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 国指定文化財 > 弘前城天守
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 国指定文化財 > 弘前城天守

ここから本文です。

弘前城天守

弘前城天守

【重要文化財】

 

 

よみがな
ひろさきじょうてんしゅ
員数
 1棟
文化財の概要
三重三階櫓、銅瓦葺
附、棟札二枚
造営 文化七庚午年十月廿九日
指定年月日
 昭和12年7月29日
所在地
弘前市大字下白銀町
所有者・管理者
弘前市

 

二代藩主信枚が最初に築いた天守は、本丸西南隅に建ち五重であったが、寛永4年(1627年)9月5日、落雷により焼失したと伝えられている。
現在の天守は、九代寧親が櫓造営の名目で幕府の許可を得、文化7年(1810年)に完成したものである。本丸東南隅に建つ三重三階の独立天守で、破風(はふ)懸魚(けぎょ)を白漆喰塗とした切妻屋根をもつ張出を一・二階の二の丸側の東・南面に設けているが、本丸側の北・西面や内部は質素に作られている。この建物は、江戸時代後期天守の典型の一つで、東北地方に残る唯一の遺構である。

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る