弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 木造津軽寧親坐像
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 木造津軽寧親坐像

ここから本文です。

木造津軽寧親坐像

木造津軽寧親坐像

【市指定有形文化財】

 

 

 
よみがな
もくぞうつがるやすちかざぞう
員数
1躯
文化財の概要
木造寄木造彩色玉眼 銘法橋紫山原舟月・舟山
附 御厨子、御神鏡 銘飯村土佐守藤原光重
指定年月日
平成8年12月3日
所在地
弘前市大字新寺町
所有者・管理者
報恩寺
 
九代藩主寧親が隠居した文政8年(1825年)に、江戸の人形師、原舟月・舟山親子に命じて造像したものと思われ、藩の記録などに完成から坐像の変遷などの様子をうかがうことができる。
体躯は複数の材を寄せ、内刳りが施される。頭部と両手を差し込み、面部と両手は、下地を施した上に胡粉を塗り、淡く肌色を塗り重ねているほか、眉は毛描きで、唇には朱をさし、面貌はかなり写実的な表情を見せている。
衣冠束帯の衣裳の文様を描き、右手に笏、左手は漆上に置いて表現される。はじめ城内にあったが、薬王院に安置し、明治に報恩寺に移されたものである。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る