弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 板碑
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 板碑

ここから本文です。

板碑

板碑

【市指定有形文化財】

 

 

 
よみがな
いたび
員数
1基
文化財の概要
 
指定年月日
昭和62年1月21日
所在地
弘前市大字町田字山吹
所有者・管理者
大石大明神(石神様)史蹟保存会
 
鎌倉時代以来、当地は三世寺などとともに尻引郷に属する。当時、船水館についた村が豊内(藤内)村であり、町田の開村はそれより遅れる。建武の中興が破れたとき宮方(南朝方)の船水館は武家方(北朝方)に攻撃され、おそらく豊内村もその争乱に巻き込まれたであろう。その結果、この地に三世寺にならった板碑が建立されたものと推定される。
碑は、大石大明神(石神様)の御神体として小堂内にまつられ、材質は輝石安山岩、自然石塔婆形式である。一重円輪内に釈迦種子バク(バク)を刻むが、建碑者や紀年号などは見あたらない。しかし形態から、南北朝初期の建立と考えられる。釈迦一尊種子碑は県内に4基しかなく、稀少価値がある。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る