弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 板碑
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 市指定文化財 > 板碑

ここから本文です。

板碑

板碑

【市指定有形文化財】

 

2号碑
1号碑

 

 
よみがな
いたび
員数
2基
文化財の概要
 
指定年月日
昭和53年10月30日
所在地
弘前市大字城東中央四丁目
所有者・管理者
個人
 
城東地区はもと高田、外崎などの地名に分かれていたが、この2基の板碑はもと外崎、その中でも俗に「寺内(てらうち)」と呼ばれていた地域にあった。
一号碑は安山岩で種子はバン(バン)、その下に「右志趣者為(比丘尼後生:現在欠損)/善処成等正覚乃至/法界平等利益也而已」と3行の願文を彫り、正安元年(1299年)の紀年銘がある。二号碑も安山岩を用い種子はア()、その下に3行の願文「右者為覚智尊/儀成仏得道乃至/法界平等利益」を彫り、正安3年(1301年)の紀年銘がある。ただしこの碑の銘文の一部は補刻されたらしい。2基とも火災に遭い、碑面に剥脱部分がある。
地名と銘文から鎌倉末期に寺院があったと推定され、乏しい文献史料を補う貴重なものである。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る