弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > くらし > ごみ・リサイクル > 市で収集するごみの種類と出し方
現在の位置: 弘前市トップ > くらし > ごみ・リサイクル > 市で収集するごみの種類と出し方

ここから本文です。

市で収集するごみの種類と出し方

市で収集するごみの種類と出し方は次のとおりです。
 

問い合わせ先:
環境管理課  環境事業所 資源循環係 電話0172-35-1130
            環境事業係 電話0172-32-1952

 

かん

 

無色透明な袋に入れて出してください。
(できるだけ町会であっせんの無色透明袋をご利用ください。)

○ ジュース・ビール・お酒などの飲料缶
○ 缶詰、お菓子、海苔などの食料缶
○ スプレー缶、カセットボンベの缶  など




 

アルミ缶とスチール缶を分ける必要はありません。
オイルやペンキ缶など、すすいでもきれいにならない物は、「燃やせないごみ」に出してください。
ボトル缶のキャップは、「燃やせないごみ」に出してください。


特に注意!
スプレー缶やカセットボンベの缶は必ず使いきって、穴をあけてから出してください。
ガスが入ったままですと、火災の原因となります。


 

びん


無色透明な袋に入れて出してください。(色別に分ける必要はありません)
(できるだけ町会であっせんの無色透明袋をご利用ください。)

飲み物や食べ物が入っていたガラスびんに限ります。

○ 酒類、ジュース、栄養ドリンクなどのガラスびん
○ 調味料のガラスびん
○ コーヒー、ジャム、飲み薬などのガラスびん  など




 

キャップは、プラスチック製は「燃やせるごみ」へ、金属製は「燃やせないごみ」へ出してください。
化粧品のびん、ほ乳びん(ガラス製)は「燃やせないごみ」へ出してください。

 

 

紙パック

 

無色透明な袋に入れて出してください。
(できるだけ町会であっせんの無色透明袋をご利用ください。)

○ 牛乳、ジュースなどのパック
 

 

中が銀色のものは、「その他の紙」へ出してください。

 

ダンボール



紙の断面が横から見て波状になっているものがダンボールです。
持ち運びできる大きさに折りたたみ、ひも(できるだけ紙ひも)で縛って出してください。
 

留め金やガムテープなどは、できるだけ取り除いてください。


 

その他の紙


無色透明な袋に入れて出してください。
(できるだけ町会であっせんの無色透明袋をご利用ください。)
商品が入っていた容器、包装で紙製のものが「その他の紙」です。(紙パック・ダンボールを除く。)

○ お菓子の箱
○ ティッシュペーパーの箱
○ 紙袋、包装紙  など

 

ビニールやプラスチック(ティッシュの紙箱の口の部分など)は取り除いてから出してください。取り除くのが困難なものは「燃やせるごみ」へ出してください。


 

ペットボトル


飲料・しょう油・食酢・みりん等が入っていたペットボトルです。
無色透明な袋に入れて出してください。
(できるだけ町会であっせんの無色透明袋をご利用ください。)

○ ラベルやボトルに識別マーク(右図)がついているペットボトルのみ   
 

 

ラベルははがさなくて結構です。
キャップは、プラスチック製は「燃やせるごみ」へ、金属製は「燃やせないごみ」へ出してください。
卵のパックなどはマークがついていてもペットボトルではありませんので「燃やせるごみ」へ出してください。


 

新聞

できるだけ白い紙ひもをご利用ください。
(白い紙ひもはそのままリサイクルできます。)
折込チラシも一緒に出してください。
マジック等で「行政回収」と明記してください。
雨や雪の日でも出すことができます。
※できるだけ地域の再生資源回収運動や市の回収ステーションをご利用ください。


 

雑誌・雑がみ


雑がみとは…
封筒(窓付き封筒含む)、コピー用紙、防水加工していない紙類、メモ用紙、付せん用紙、パンフレットなど

 

できるだけ白い紙ひもをご利用ください。
(白い紙ひもはそのままリサイクルできます。)
折込チラシも一緒に出してください。
マジック等で「行政回収」と明記してください。
雨や雪の日でも出すことができます。
メモ用紙や付せん用紙など、細かいものは紙袋や封筒に入れて出してください。


 

以下のものは「燃やせるごみ」になりますのでご注意ください。
カーボン紙 / 感熱紙(レシート、FAX用紙等) / 圧着はがき(親展はがき等) / 防水加工紙(写真、紙コップ等) / シュレッダーにかけた紙 / 使用済みティッシュペーパー、紙おむつ
個人情報が記載されたものはその部分をシュレッダーなどで細かくし、「燃やせるごみ」に出してください。
できるだけ地域の再生資源回収運動や市の回収ステーションをご利用ください


 

燃やせるごみ

 

市指定ごみ袋はありませんが、できるだけ町会あっせんの半透明緑色のポリ袋をご利用ください。
 

台所の生ごみ類

○ 食事の食べ残し
○ 卵のからやホタテなどの貝殻  など
 

生ごみは十分水を切ってください。
カラスに食い散らかされないように、新聞等で包んでください。
町会であっせんしているコンポスト容器(堆肥化容器)もご利用ください。

 

紙くず類

○ ちり紙
○ たばこの吸いがら
○ 紙おむつ  など
 

紙おむつに付着した汚物はトイレで処理してください。

 

木くず・落ち葉類

○ 木の枝・板くず
○ 落ち葉や草 など
 

木の枝は長さ60センチメートル未満、太さ10センチメートル未満に切り、1束30センチメートル以下に束ね、1回に3束以内で出してください。

 

プラスチック・ゴム類

○ ポリ袋・ラップ
○ 卵・豆腐等のパック、白色トレイ
○ 発泡スチロール
○ レコード・CD
○ 洗剤や化粧品のプラスチック製容器
○ ビニールホース(45センチメートル未満に切ってください。)
○ ゴム長靴・ズック  など
 

白色トレイは、できるだけスーパー等の店頭回収をご利用ください。
45センチメートル以上のものは「大型ごみ」へ出してください。

 

布・皮類

 

○ 衣類・布団・座布団
○ バッグ類
○ 革靴  など
 

その他

○ 天ぷら油を固めたもの
○ 乾燥剤、保冷剤、脱臭剤
○ 使い捨てカイロ   など
 

天ぷら油は、新聞紙に染み込ませるか凝固剤などで固めてから出してください

 

 

【 ごみの野焼きは禁止されています】

野焼きは、ばい煙や悪臭の原因になり、法律で禁止されています。
「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」では、廃棄物を燃やす場合は適正な焼却設備を用いて適正に焼却しなければならないこととされています。ごみの野焼きは絶対にしないでください。
 



 

燃やせないごみ

 

市指定ごみ袋はありませんが、細かいものは中身のみえる袋に入れて出してください。
 

45センチメートル以上のものは「大型ごみ」へ出してください。

 

せともの・ガラス類

○ 食器などのせともの
○ 化粧品のびん・ほ乳びん
○ コップなどのガラス類
○ 電球・体温計   など
 

割れた物は紙や布に包んで出してください。

 

金属類

○ なべ・ヤカンなどの調理器具
○ 食用油の缶(中をカラにしてください。)
○ アルミホイル
○ カミソリや包丁などの刃物  など
 

刃物など危険なものは紙や布に包んで出してください。


 

金属とほかの素材の複合製品

○ アイロン、ヘアドライヤー、電気ポットなどの小型電化製品
○ 折りたたみ傘  など
 

その他

○ 使用済み乾電池(充電式電池・ボタン電池は販売店へ)
○ 使い捨てライター(ガスを使い切ってください)  など


 

大型ごみ

 

長さが45センチメートル以上のものが大型ごみになります。

○ タンス、食器棚、本棚
○ ベッド、マットレス(スプリングマットレスはセミダブルまでです。) 
○ 物干し竿
○ 自転車(「ごみ」と表示してください。)
○ テーブル、机、オルガン
○ ストーブ(灯油を抜いてください。) 
○ ソファー、いす
○ スノーダンプ、スキー  など

 

大人2人で持てないほど重いものや、耐火金庫やコンクリートなど、ごみ収集車でつぶせないような硬い物、ダブルサイズのスプリングマットレスなど、ごみ収集車に入らないほど大きなものは、出すことはできません。ごみ処理施設に直接搬入するか、民間のごみ収集許可業者に依頼してください。(いずれも有料です。)
ごみ処理施設への直接搬入については、次のリンクのページでご確認いただけます。

 

自らごみ処理施設へ持ち込む場合


 

問い合わせ先

担当 環境管理課 資源循環係

電話 0172-35-1130

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

くらしのメニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る