弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > くらし > 住まいとくらし > 住宅 > 長期優良住宅建築等計画の認定について
現在の位置: 弘前市トップ > くらし > 住まいとくらし > 住宅 > 長期優良住宅建築等計画の認定について

ここから本文です。

長期優良住宅建築等計画の認定について

住宅を長期にわたり使用することにより、住宅の解体や除却に伴う廃棄物の排出を抑制し、環境への負荷を低減するとともに、建て替えにかかる費用の削減によって住宅に対する負担を軽減し、より豊かで、より優しい暮らしへの転換を図ることを目的とした、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が平成21年6月4日に施行されました。

 

平成27年4月1日以降に認定申請される長期優良住宅建築等計画では、「省エネルギー対策」の基準である「断熱等性能等級4」を満たす必要がありますのでご注意ください。

また、長期優良住宅の認定申請において、これまでの適合証に加えて、設計住宅性能評価書の利用ができるようになりました。

 

このたび、長期優良住宅の普及の促進に関する法律施行規則および長期使用構造等とするための措置および維持保全の方法の基準の改正に伴い、住宅を増築または改築して長期使用構造等とする場合の認定基準が定められ、平成28年4月1日から施行されることになります。
そこで、長期優良住宅の認定申請において、これまで認定対象であった新築住宅に加えて、既存住宅の増築または改築においても申請が可能となります。

 

長期優良住宅とは

 

長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた、優良な住宅のことです。

 

長期優良住宅となるためには、所管行政庁に申請し、建築や維持保全に関する計画である「長期優良住宅建築等計画」の認定を受ける必要があります。

認定を受けた住宅は、認定長期優良住宅建築等計画に基づき、建築および維持保全を行うこととなります。

 

認定手続き

 

弘前市では、長期優良住宅の認定に関して登録住宅性能評価機関の技術的審査を活用しています。

標準的な申請手続きの流れは次のとおりです。

 

技術的審査適合証を利用した場合の申請手続き

 

(1)申請者が登録住宅性能評価機関に技術的な審査を依頼

(2)登録住宅性能評価機関は審査を行い、適合していると認められると適合証を申請者に交付

(3)適合証交付を受け、申請者が所管行政庁に長期優良住宅建築等計画の認定を申請

(4)所管行政庁は計画等を審査し、基準を満たしていれば長期優良住宅として認定

 

長期優良住宅の技術的審査を行っている登録住宅性能評価機関および技術的審査の範囲は、「一般社団法人 住宅性能評価・表示協会」のホームページでご確認いただけます。

 

リンク:住宅性能評価・表示協会 ホームページ

 

 


 

平成27年4月1日に加わった新しい申請手続きの流れは次のとおりです。

 

設計住宅性能評価書を利用した場合の申請手続き

 

(1)申請者が登録住宅性能評価機関に設計住宅性能評価を申請

(2)登録住宅性能評価機関は住宅性能評価を行い、設計住宅性能評価書を申請者に交付

(3)設計住宅性能評価書を受け、申請者が所管行政庁に長期優良住宅建築等計画の認定を申請

(4)所管行政庁は計画等を審査し、基準を満たしていれば長期優良住宅として認定

 

 

認定基準

 

長期優良住宅の認定を受けるためには、次の基準を満たす必要があります。

認定基準の概要は、国土交通省ホームページのPDFファイルでご確認いただけます。

 

 リンク:長期優良住宅の認定基準(概要) <国土交通省ホームページ>

 


1.長期使用構造等であること

 

次の各項目について「長期使用構造等とするための措置および維持保全の方法の基準」を満たすものであること。

 

 ○劣化対策

 ○耐震性

 ○維持管理・更新の容易性

 ○可変性

 ○バリアフリー性

 ○省エネルギー性

 ○維持保全の方法

 


2.住戸面積(1戸当り)

 

少なくとも1の階の床面積が40平方メートル以上(階段部分を除く面積)で、かつ戸建住宅の場合75平方メートル以上、共同住宅等の場合55平方メートル以上の面積を有するもの。

 


3.居住環境の維持および向上への配慮

 

■居住環境の維持および向上への配慮に関する基準について

 

長期優良住宅の普及の促進に関する法律の、長期優良住宅の認定基準の1つとして、「建築をしようとする住宅が良好な景観の形成その他の地域における居住環境の維持および向上に配慮されたものであること」が定められています。

この基準を、居住環境の維持および向上への配慮に関する基準、いわゆる「居住環境基準」といい、各所管行政庁が具体的な要件を選定の上、公表することとされています。

 

■居住環境の維持および向上への配慮に関する認定基準(弘前市)

 

(1)地区計画の区域内における取り扱い

地区計画のうち、地区整備計画が定められている区域内においては、申請建築物が当該地区計画中の建築物に関する事項(建築物の敷地、構造、建築設備、用途または形態意匠についての制限であって、建築確認で別途審査を行う条例制定項目以外の項目に限る。)に適合していること。

 

地区計画のくわしい内容は「弘前市地区計画」のページでご確認いただけます。

 

リンク:弘前市地区計画 のページ

 

(2)景観法における取り扱い

景観法の規定による景観計画区域内行為の届出が必要である場合は、景観形成基準に適合していること。
くわしい内容は「弘前市の景観づくり」のページでご確認いただけます。

 

リンク:弘前市の景観づくり のページ

 

(3) 都市計画施設等の区域内における取り扱い

次の区域内においては、認定を行いません。

ただし、当該区域内であっても、再開発事業の施行区域内の施設建築物である住宅、区画整理地内の除却が不要な住宅および住宅地区改良法第6条に規定する基本計画に適合する住宅のように、長期にわたる立地が想定されることが許可等により判明している場合はこの限りではありません。

 

・都市計画法第4条第4項に規定する促進区域
・都市計画法第4条第6項に規定する都市計画施設の区域
・都市計画法第4条第7項に規定する市街地開発事業の区域
・都市計画法第4条第8項に規定する市街地開発事業等予定区域
・住宅地区改良法第8条第1項の告示があった日後における同法第2条第3項に規定する改良地区

 


4.建築後の住宅の維持保全の期間が30年以上であること

 


5.資金計画が建築・維持保全を遂行するために適切なものであること

 


 

認定のメリット

 

認定を受けた長期優良住宅建築等計画に基づき建築および維持保全が行われる住宅については、税制の特例が適用されます。
くわしくは、「長期優良住宅に対する固定資産税の減額制度について」のページでご確認いただけます。

 

リンク:長期優良住宅に対する固定資産税の減額制度について のページ

 

 

手数料

 

長期優良住宅建築等計画認定等申請手数料は、次のPDFファイルでご確認いただけます。

平成27年4月1日に加わった設計住宅性能評価書を利用した場合、技術的審査適合証を利用した場合と申請手数料が異なります。

また、平成28年4月1日から加わる既存住宅の増築又は改築の場合、新築の場合と申請手数料が異なりますので、ご注意ください。

 

長期優良住宅建築等計画認定等申請手数料PDFファイル(94KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

要綱・様式

弘前市長期優良住宅建築等計画認定等実施要綱は、次のPDFファイルでご確認いただけます。
また、様式のファイルはダウンロードしてからご利用いただけます。

 

弘前市長期優良住宅建築等計画認定等実施要綱PDFファイル(117KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

要綱様式PDFファイル(175KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

要綱様式ワードファイル(59KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

法律等

 

長期優良住宅建築等計画の認定に関連する法律は次の各リンク先でご確認いただけます。

 

リンク:長期優良住宅関連情報 <国土交通省ホームページ>

 

※ 申請様式等は「法律施行規則」を参照ください。

 

リンク:長期優良住宅建築等計画の認定申請をされる皆様へ <住宅性能評価・表示協会 ホームページ>

問い合わせ先

担当 建築指導課

電話 0172-40-7053

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

くらしのメニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る