弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 弘前市立郷土文学館
現在の位置: 弘前市トップ > 弘前市立郷土文学館

ここから本文です。

弘前市立郷土文学館

弘前市立郷土文学館

企画展

                                                         

                                                    

 

 ・第41回企画展「石坂洋次郎展-『青い山脈』70年-」

  2017年1月12日~2017年12月28日

 「青い山脈」の発表から70周年の節目にあたる今年、「百万人の作家」と讃えられ一世を風靡した石坂洋次郎の〈人と文学〉の魅力に改めて迫ります。

 

詳しくは展示案内をご覧ください。

 

 

 

 

 

・スポット企画展「没後30年高木恭造ー方言詩と石坂洋次郎ー」

 2017年9月1日~11月30日の午前まで開催中

 津軽方言詩の金字塔である高木恭造の詩集『まるめろ』は、詩人・福士幸次郎の「地方主義運動」の展開の中で生まれました。若き日の石坂洋次郎は、「地方主義の行動宣言」(大正15年)にその名を連ねています。

 本展では、没後30年を迎えた高木恭造との関わりを中心に、石坂洋次郎と方言詩をテーマに紹介します。

(11月30日の午後はスポット企画展の展示替えのため、企画展と常設展のみご覧になれます。)

 

 

 

お知らせ

 

・第41回企画展「石坂洋次郎展-『青い山脈70年』-」を開催しています。

 刊行物 企画展図録「石坂洋次郎」を販売しています。

 

・初公開資料展示のお知らせ

 新たに見つかった羯南の漢詩書軸を、期間限定で全国初公開展示いたします。

 

 弘前市出身の陸羯南(1857~1907)は明治時代を代表するジャーナリストです。羯南自筆の書軸は極めて珍しく、今回の資料は1903(明治36)年のパリ滞在の折に詠んだものです。

 皆さまお誘いあわせの上、ぜひご覧ください。

 

 展示期間:平成29年10月1日(日)~11月30日(木)

 展示場所:弘前市立郷土文学館 1階一般展示室

 

 陸羯南の年譜につきましては「津軽の文学者たち」のページをご覧ください。

 

 〈協力〉陸羯南研究会(東京)、同研究会主筆 髙木宏治氏

 

陸羯南書軸ポスター

 

 

文学散歩「石坂洋次郎ゆかりの地を訪ねて」開催のお知らせ

 11月3日(文化の日)に文学散歩を開催いたします。

 石坂洋次郎ゆかりの地を斎藤三千政先生と一緒に散歩しませんか。文学に興味がある方どなたでも参加できます。

 

日時 平成29年11月3日(金)9時30分集合 

集合場所 追手門広場・郷土文学館入口

参加料 無料(文学館を見学する場合は別途入館料が必要)

申込方法 電話または文学館窓口まで TEL0172-37-5505

申込締切 平成29年10月31日(火)まで

 

皆様のご参加お待ちしております。

 

 

 

 

弘前文学碑マップ

 郷土文学館では、弘前の文学者の文学碑の紹介や略図をまとめた『弘前の文学碑マップ』を作成しました。
市内の施設や案内所、郷土文学館で無料配布しています。
観光や散策のお供にご利用ください。
文学碑マップ

 

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

弘前市立郷土文学館

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る