弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 弘前市立郷土文学館 > 津軽の文学者たち (常設展の十人)
現在の位置: 弘前市トップ > 弘前市立郷土文学館 > 津軽の文学者たち (常設展の十人)

ここから本文です。

津軽の文学者たち (常設展の十人)

陸 羯南

 

陸 羯南(くが かつなん)

 

安政4(1857)年10月14日~明治40(1907)年9月2日


 ジャーナリスト

弘前市在府町に生まれる。上京して太政官御用掛となるが、明治22年新聞『日本』を創刊。
たびたびの発行停止処分に屈せず政府批判の論陣を張り、新聞人として活躍した。また、郷党の後輩に大きな影響を与えた。

 

 

佐藤 紅緑
 
佐藤 紅緑(さとう こうろく)
 
明治7(1874)年7月6日~昭和24(1949)年6月3日
 
 俳人・劇作家・小説家・児童文学作家

弘前市親方町に生まれる。陸羯南の書生となり、日本新聞社を初め諸新聞社の記者として活躍。数多くの小説や戯曲を発表して作家として注目される。
『少年倶楽部』に連載した「あゝ玉杯に花うけて」など、一連の少年小説が有名である。 

 

かさいぜんぞう

 

葛西 善蔵(かさい ぜんぞう)

 
明治20(1887)年1月16日~昭和3(1928)年7月23日
 
 小説家

弘前市松森町に生まれる。上京をくりかえし、苦学しながら小説を書く。終生、病苦、文学苦、家族苦に悩まされるが、「哀しき父」「子をつれて」などにより、大正期を代表する作家として評価が高い。

 

福士幸次郎
 
福士 幸次郎(ふくし こうじろう)
 
明治22(1889)年11月5日~昭和21(1946)年10月11日
 
 詩人・民俗学研究

弘前市本町に生まれる。上京後、佐藤紅緑の書生となって薫陶を受ける。教師として子弟の指導に当たったほか、地方主義の行動宣言書を発表、地方文化の種を蒔いた。詩集『太陽の子』『展望』の他に「原日本考」「日本音数律論」などの論評がある。

 

一戸謙三

 

一戸 謙三(いちのへ けんぞう)

 

明治32(1899)年2月10日~昭和54(1979)年10月1日
 

 詩人

弘前市本町に生まれる。福士幸次郎に師事し、仲間と「パストラル詩社」を創設。教職に就きながら詩の実作や詩評論で活躍、若い詩人の指標となった。方言詩集『ねぷた』が有名である。

一戸謙三について

文学碑はこちら

 

高木恭造

 

高木 恭造(たかぎ きょうぞう)

 
明治36(1903)年10月12日~ 昭和62(1987)年10月23日
 
 詩人・小説家

青森市米町に生まれる。官立弘前高校を卒業後、青森日報社で福士幸次郎の指導を受ける。満州医科大学を卒業後、眼科医となり、戦後は弘前で医院を開業しながら創作活動を続ける。方言詩集『まるめろ』、『雪女』などがある。

 

平田小六
 
平田 小六(ひらた ころく)
 
明治36(1903)年11月1日~昭和51(1976)年5月18日
 
 小説家・評論家

父の勤務地の関係で秋田県大館町(現秋田県大館市)に生まれる。弘前中学卒業後しばらくの間地元で教職につくがやがて上京、新聞記者をしながら小説「囚はれた大地」を発表、一躍文壇の注目を浴びる。戦後は評論活動に入る

 

太宰治

 

太宰 治(だざい おさむ)

 
明治42(1909)年6月19日~昭和23(1948)年6月13日
 
 小説家

1909年(明治42年)6月19日、青森県北津軽郡金木村
(現五所川原市金木)に生まれる。本名津島修治。
金木第一尋常小学校に入学、明治高等小学校、青森中学校を経て官立弘前高等学校を卒業後、東京帝国大学文学部仏文科に進学し上京。中学時代から創作活動に興味を持ち、同人雑誌を作るなど様々なペンネームで作品を発表していた。『斜陽』『走れメロス』『人間失格』など、その著作は今日も多くの人びとに読み継がれている。

 

今官一

 

今 官一(こん かんいち)

 
明治42(1909)年12月8日~昭和58(1983)年3月1日
 
 小説家・詩人

弘前市西茂森町に生まれる。東奥義塾に進学、福士幸次郎によって文学への目を開く。上京後、太宰治、檀一雄らと交流して創作活動に励み、『壁の花』で直木賞を受賞する。晩年は病気のため弘前へ帰る。

 

石坂洋次郎
 
石坂 洋次郎(いしざか ようじろう)

 

明治33(1900)年7月25日~昭和61(1986)年10月7日
 

 小説家

弘前市代官町に生まれる。慶應義塾大学文学部に在学中、葛西善蔵を訪ねその影響を受ける。
卒業後、高等女学校や中学校の教師をしながら作家活動に入り昭和12年『若い人』が一躍ベストセラーに。その後、昭和22年に『青い山脈』がベストセラーとなり、昭和24年に映画化され主題曲は現在も歌い継がれている。昭和41年、菊池寛賞を受賞した。

石坂洋次郎について

文学碑はこちら

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

弘前市立郷土文学館

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る