弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 大森勝山遺跡出土の旧石器
現在の位置: 弘前市トップ > 市の概要 > 弘前の文化財 > 県指定文化財 > 大森勝山遺跡出土の旧石器

ここから本文です。

大森勝山遺跡出土の旧石器

大森勝山遺跡出土の旧石器

【県重宝】

 

 

 

 
よみがな
おおもりかつやまいせきしゅつどのきゅうせっき
員数
10点
文化財の概要
 
指定年月日
平成15年4月14日
所在地
弘前市大字上白銀町 藤田記念庭園考古館
所有者・管理者
弘前市
 
大森勝山(おおもりかつやま)遺跡は、岩木山の北東麓の大森川(おおもりがわ)大石川(おおいしがわ)に挟まれた位置にある旧石器時代と縄文時代晩期を中心とする集落遺跡である。昭和34年から36年の緊急発掘調査で、縄文時代晩期の大型竪穴住居跡と環状列石(かんじょうれっせき)が発見され、一躍注目を集めた。
本旧石器は、昭和34年の調査でローム層から発見されたもので、後期旧石器時代に属する。すべて珪質頁岩(けいしつけつがん)を原材料とする剥片(はくへん)石器で、ナイフ形石器5点、彫刻刀形石器3点、掻器(そうき)1点、削器(さっき)1点の10点である。県内では最初に発掘調査で発見された旧石器であり、旧石器文化研究の学術的意義をもつ重要な資料である。
 

問い合わせ先

担当 文化財課

電話 0172-82-1642

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

市の概要メニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る