弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 市民参加型まちづくり1%システム > 1%システム【スタート部門】のお知らせ
現在の位置: 弘前市トップ > 市民参加型まちづくり1%システム > 1%システム【スタート部門】のお知らせ

ここから本文です。

1%システム【スタート部門】のお知らせ

 

スタート部門を知っていますか?

 

個人市民税の1%相当額を財源に、市民自らが地域を考え、企画・実践する活動に必要な経費を助成する「市民参加型まちづくり1%システム」に、【スタート部門】が仲間入りしました!

「まだ1%システムを使ったことがない」、「新しく市民活動を始めたい!」というかたへオススメの新制度です♪

 

令和3年度弘前市市民参加型まちづくり1%システム(スタート部門)申請ガイドブックPDFファイル(2056KB)

 

補助の内容(令和3年度)

 

申請できる団体

 

次の要件をすべて満たしている団体とします。

(1) 構成員が3人以上であること。
(2) 主に市内を活動拠点としていること。
(3) 計画的に事業を行うことが可能であること。
(4) 過去に1%システムを活用したことがない。

(5) 構成員の過半数が1%システムを活用したことがない。

※ 既存の団体のほか、新たに組織する団体も対象とします。

 

申請回数の上限

1団体につき、1回まで。

 

対象となる事業

 

地域の課題解決や活性化を目的に実施する公益性のある事業で、次の要件をすべて満たしている事業とします。

(1) 原則として市内で実施される事業。
(2) 住民または構成員の労力提供等がある事業。
(3) 年度内に完了する事業。

 

※ 次のいずれかに該当する事業は、対象外とします。

(1) 営利を目的とする事業。
(2) 特定の個人や団体が利益を受ける事業。
(3) 政治、宗教または選挙活動を目的とする事業。
(4) 市の他の補助金の交付を受け、または受ける見込みである事業。
(5) 国、県およびその他の機関から補助金を受け、または受ける見込みである事業。

(6) 市との共催による事業。
(7) 法令、条例等に違反する事業。
(8) その他公序良俗に反する事業。

 

対象となる経費

 

対象事業を実施するために直接必要な経費で、次に定める項目とします。

項 目 対象となる経費
講師等謝礼 外部講師や専門的技術を有する協力者への謝礼等
交通費 講師等への交通費、宿泊費 ※原則実費
(市内で自家用車を利用する場合において、燃料費に代わって支給するものを含む。)

消耗品費および

原材料費

補助事業の実施に直接必要な消耗品費・原材料費
食糧費 飲酒を伴わない次の食糧費
(1) 外部講師への食事代・飲み物代(上限あり
(2) 作業等で水分補給が必要な場合の飲み物代(上限あり
燃料費 作業等に必要な機材、レンタカー等の燃料費
印刷製本費

・ポスターやチラシ、資料等の印刷代・コピー代等

・ポスターやチラシのデザイン費(上限あり

通信運搬費 周知・連絡等に要する郵便料等
保険料 参加者等にかかる保険料
使用料および賃借料

会場使用料、機械等の借上料

※個人から車両(作業等で使用する重機を除く)を借りる場合、上限あり(燃料費含む)。

その他経費 審査委員会の意見を聴いて市長が適当と認めたもの
※対象経費の判定については、個別に経費の内容を審査します。

 

対象経費、対象外経費の詳しい内容については次のPDFファイルをご覧ください。

補助対象経費・対象外経費の区分PDFファイル(416KB)

 

補助金の額

 

補助金の額は、次のいずれか少ない額とし、原則5万円を上限とします。(千円未満の端数切捨て)

(1) 補助対象経費の90パーセント以内の額
(2) 事業の支出総額から収入(参加費、協賛金等)を除いた額

※概算払い(前払い)は行いません。補助金のお支払いは事業終了後となります。

 

募集期間(スタート部門)

 

【1回目】

令和3年3月24日(水曜日)~4月23日(金曜日)    募集終了しました

 

【2回目】

令和3年7月1日(木曜日)~7月30日(金曜日)

 

事業実施期間

 

【1回目】

令和3年7月1日~令和4年3月31日  募集終了しました

 

【2回目】

令和3年10月1日~令和4年3月31日

 

※「事業実施期間」には、準備期間も含まれます。

 補助の対象となる期間が長いほうが活動しやすいと思いますので、お早めの申請をおすすめします。

 

申請方法

 

申請書類を、市民協働課 協働推進係へ直接お持ちください。

郵送・Eメール・ファクスでの受付はできません。

※平日午前8時30分~午後5時以外の提出を希望する場合は、事前にお問い合わせください。

 

申請書類

 

申請には、下記(1)~(4)の書類の作成、提出が必要です。

(1)事業申請書(かがみ)

(2)事業企画書

(3)収支予算書

(4)申請団体概要書

 

様式は窓口で配布するほか、「書類のダウンロード(スタート部門)」のページでダウンロードできます。

書類のダウンロード(スタート部門)

 

いざ書類提出! その前に・・・

 

申請後、書類に対して追記・修正や添付書類の追加を求める場合があります。

申請を検討している団体は、7月23日(金曜日)までに、一度ご相談いただくようお願いします。

 

審査方法

 

申請された事業は、「まちづくり1%システム審査委員会」において書類審査を行い、その結果をもとに、採択の可否・補助金の額を決定します。

一般部門とは違い、プレゼンテーション・審査会への出席が不要です。

 

なお、審査会の中で出た意見やアドバイスは、後日事務局から申請団体へお伝えしますので、ぜひ事業実施の際に生かしてください!

 

まちづくり1%システム審査委員会

 

「市民参加型まちづくり1%システム」を円滑に進めるため設置され、学識経験者や団体推薦者、公募市民の15名で組織されます。

 

委員会の役割は、申請された事業の採択や補助金額の精査、事業完了後の効果検証などについて、市民目線での審査を行うものです。また、システムを実施しながら、制度の見直し・検討も行います。

まちづくり1%システム審査委員会は、申請団体の応援団として申請事業について一緒に考えていきたいという気持ちで審査会にのぞんでいます。

 

まちづくり1%システム審査委員会の名簿は、次のPDFファイルでご確認いただけます。

まちづくり1%システム委員名簿PDFファイル(98KB)

 

1%システムに関するご相談は、いつでも受け付けています!

 

簡単な制度の概要から具体的な書類の書き方まで、お気軽にご相談ください。

地域の集まりなどで出張説明や採択事例の紹介などもできます。

 

※平日午前8時30分~午後5時以外のご相談を希望する場合は、事前にお問い合わせください。

 

問い合わせ先・書類提出先】

弘前市市民生活部
市民協働課 協働推進係(市役所 前川新館2階)
電話 0172-40-7108(直通)
ファクス 0172-35-7956(代表)
Eメール shiminkyoudou@city.hirosaki.lg.jp

市民協働課Facebook 「まぢながサミット」 では
採択事業のお知らせやレポートを随時更新しています!!

 

 

  

問い合わせ先

担当 市民協働課 協働推進係

電話 0172-40-7108

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

回答が必要な場合はこちら

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

 

質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

施設利用のお問い合わせ(予約・申込等)については、各施設にご連絡ください。

1%システムメニュー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る