弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 弘前城本丸石垣修理事業 > 弘前城と石垣修理の歴史
現在の位置: 弘前市トップ > 弘前城本丸石垣修理事業 > 弘前城と石垣修理の歴史

ここから本文です。

弘前城と石垣修理の歴史

弘前城の概要

史跡津軽氏城跡弘前城跡は、弘前藩初代藩主・津軽為信により築城が計画された江戸時代のお城です。

築城着手前に為信が亡くなり、お城は2代藩主信枚の時代、慶長16年(1611年)に完成しました。

お城は本丸・北の郭・二の丸・三の丸・四の丸・西の郭の6つの郭で構成された平山城で、その規模は東西約 500m、南北約1,000m、総面積約50ヘクタールに及びます。濠は三方・三重に巡らされ、西側は蓮池と岩木川の流路であった西濠で守られています。


築城当初の天守は五層(5階建)であったといわれ、本丸の南西隅に位置していましたが、寛永4年(1627年)の落雷により焼失したと伝わっています。

本丸の南東隅にある現在の天守は、文化7年(1810年)に9代藩主寧親が櫓造営の名目で再建したものです。

日本で現存している12天守のうちのひとつに数えられ、3棟の二の丸隅櫓・5棟の城門とともに重要文化財に指定されています。

 

史跡津軽氏城跡弘前城跡 弘前城平面図.pdfPDFファイル(373KB)

 

本丸東側石垣の歴史《100年ぶりの石垣修理》

本丸東側の石垣

genjo

解体修理が決まった本丸東側の石垣は、慶長16年(1611年)の時点では一部しか築造されていませんでした。

再び石垣が築造されたのは、約80年後の元禄年間のことです。

元禄7年(1694年)に石垣築造の起工式が催され、同8年(1695年)に石垣築造工事着手、同12年(1699年)にようやく完成します。


年月は流れ明治時代の中頃になると、天守台下石垣の崩落が起こります。

そのまま放置すると天守まで崩落する危険性があったため、明治30年(1897年)に弘前市出身の大工棟梁・堀江佐吉が、天守を西側に曳屋しています。

その後、天守台の北側に続く石垣も崩落したという記録が残っています。

最終的に石垣を現在の形状に修理し終えたのは、大正4年(1915年)のことでした。

 

大正4年(1915年)の石垣修理工事(弘前市広聴広報課蔵)

ishigaki1915


明治・大正の石垣修理から100年ほど経過し、今再び天守の曳屋・石垣解体修理工事が本格化します。

どちらもめったにない貴重な機会ですので、積極的に発掘調査・修理工事の現場を市民の皆さんに公開していきます。

 

史跡津軽氏城跡弘前城跡 弘前城本丸石垣修理パンフレット(平成26年度版).pdfPDFファイル(4722KB)

弘前城本丸石垣修理子ども向けパンフレット.pdfPDFファイル(3616KB)

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

弘前城本丸石垣修理事業

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る