弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 小中学校一覧 > 東目屋中学校 > 経営方針
現在の位置: 弘前市トップ > 小中学校一覧 > 東目屋中学校 > 経営方針

ここから本文です。

経営方針

校長 佐藤浩一

 1.教育目標

【志を立て、自ら学び、心豊かでたくましい実践人となろう】

 めざす生徒像
 ○立志・・・夢や希望をもち、実現に向かって努力する生徒
 ○自学・・・めあてをもち、自ら学習に取り組む生徒
 ○協調・・・思いやりの心を持ち、協力する生徒
 ○実践・・・勤労を尊び、ねばり強くがんばる生徒

2.努力目標

 (1) 目標に向かって、日々努力し、前進する精神を養う。
 (2) 学習意欲を高め、基礎学力の向上を図る。
 (3) 感動する心を育て、助け合う態度を身につけさせる。
 (4) 働く喜びを味わわせ、最後までやりぬく態度を身につけさせる。

3.経営の信条

 弘前市が西目屋村から中学校教育事務を受託して3年目となった。
 今年度の入学生をもって3学年とも2年、3年からの転入学という形でなく、入学から東目屋中学校という生徒がそろったことになる。一般的にみられる二つの小学校を卒業した生徒が一つの中学校で学ぶという形が整ったわけであるが、小学校同士や西目屋小と東目屋中の連携については歴史的にも日が浅く、これからは中学校を中心として同じ目屋地区の学校として結びつきを強めていきたい。また生徒同士もお互いに仲良く協力しながら教育活動に取り組めるよう、引き続き学習環境の整備に真摯に取り組みたい。
 学級・学校の生徒数が増えたことで、授業や特別活動、農園活動など集団で学ぶ喜びや楽しさを共有し合う機会が充実し、切磋琢磨しながら成長する生徒の姿が期待できる。共に学び、助け合い、磨き合う仲間、そして知的刺激に満ち、生徒の学びをしっかり支える教職員がいる学校を目指すとともに、生徒一人一人が将来に夢や希望を持ち、目標に向かって努力しながら「たくましく生き抜く力」を育てたい。
 本校は、弘前市教育委員会から「教育自立圏」調査研究校として指定を受けており、「教育自立圏」の中核である『小中一貫教育システム』と『コミュニティ・スクール』の構築に向け、小・中学校9年間教育の充実を図り、学校・地域・保護者が良好な関係を築き、教職員だけでなく、それぞれの当事者意識を高め、みんなで学校をつくりあげていくような経営を目指したい。

4.めざす学校像

スローガン 「さわやかな挨拶・素敵な笑顔・元気な歌声」

《平成29年度 実践テーマ》
 
「共に励まん」 (校歌三番より引用)
 (1) 生徒が安心して楽しく学ぶことができる学校
 (2) 生徒一人一人が将来の夢を語り、それに向けて邁進できる学校
 (3) 教師と生徒が相互理解に努め、感動を共有し,心が触れ合う学校
 (4) 学校・保護者・地域が一体となって生徒の健全育成に意欲的に取り組む学校

 

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

東目屋中学校

上部へ 前へ戻る