弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 弘前市立博物館
現在の位置: 弘前市トップ > 弘前市立博物館

ここから本文です。

弘前市立博物館の新着情報

2017年12月17日 ブログ博物館
2017年12月06日 展覧会
2017年05月04日 利用案内博物館

弘前市立博物館トップページ

●年末年始(12月29日~1月3日)は休館いたします。

 昨年度までは臨時的に年末年始時期に開館しておりましたが、本年度は休館いたしますので、お間違えのないようお願いいたします。
 

●弘前市成人式「二十歳の祭典」当日は、新成人と付き添いの方は無料で観覧できます。

 1月7日(日)の「二十歳の祭典」当日は、新成人と付き添いの方を無料でご招待します。受付の際に、成人式で配布される手提げ袋を提示されるか、申告していただくだけでOKです。

 

←ここで、記念撮影!

 

 ※博物館ホールでは、弘前藩お抱え絵師:新井晴峰が描いた県重宝「紙本著色観桜観楓図屏

     風」レプリカバナーで記念撮影ができます。

  博物館は、「二十歳の祭典」会場である市民会館の隣にありますので、付き添いの方も、

  待ち時間のひとときを、どうぞ博物館でお過ごしください。

 

 弘前市立博物館開館40周年

昭和52(1977)年4月20日に開館した弘前市立博物館は、平成29(2017)年4月20日に開館40周年を迎えました。平成29年度の展覧会は、全て開館40周年記念として開催しますので、多くの皆様のご来館をお待ちしております。

 

【開催中の展覧会】                                          企画展3『弘前藩の美術~お抱え絵師の遺した仕事~』『津軽塗の世界』

 「高岡の森弘前藩歴史館」の平成30年4月オープンに先駆け、高照神社の宝物を代表する絵馬と、弘前藩のお抱え絵師の作品を展示し、新施設の周知と弘前藩の文化を彩る美術作品を紹介します。

 また、特別展示室においては、国指定重要無形文化財の指定を受けた津軽塗技術保存会の活動と津軽塗をお披露目いたします。博物館収蔵の手板をはじめとする江戸・明治の津軽塗と現在の津軽塗作品を展示します。

                                        

       

 高照神社拝殿絵馬 新井常寛「神馬図」     「津軽漆塗手板県重宝」

 

会期:平成29年11月25日(土曜日)~平成30年1月21日(日曜日)

休館日:12月18日(月曜日)、12月29日(金)~1月3日(水)、1月15日(月曜日)

開催時間:午前9時30分~午後4時30分

                                                          

●おしらせ●

 

★平成29年度の年間展覧会予定★ → くわしくは『平成29年度の展覧会』のページをご確認ください。

 

★平成29年度博物館歴史講座の開催

好評の歴史講座を平成29年度も開催します。

 

【第4回博物館歴史講座】 ※12月16日(土)から受付開始

1.日 時  平成30年1月14日(日)午後2時から3時頃まで

2.場 所  弘前市立博物館ホール(弘前市大字下白銀町1-6)

3.テーマ  幕府と藩を手玉に取った男-18世紀津軽の山師・足羽次郎三郎の活躍-

4.講 師  長谷川成一氏(弘前大学名誉教授)

4.申し込み及び参加料 12月16日(土)から100名を電話で受付。聴講には、観覧料が必要。(※空きがある場合は当日受付可能。)

5.申し込み  電話 0172-35-0700(午前8時半~午後5時) 

 

★平成29年度「博物館歴史講座」年間予定表

回数 開催日と会場 時代     テーマ 講 師

開催中の

企画展
第1回

9月24日(日)

博物館ホール

総括 ここから学ぶ人のための弘前歴史講座~江戸時代の弘前~ 博物館学芸員 企画展2「花物語 暮しをよそおう」
第2回

10月22日(日)     

同上

原始・古代・中世 発掘からみえる歴史の実像-弘前地域を中心に- 工藤清泰氏(日本考古学会協会会員) 同上
第3回

11月26日(日)

同上

古代 古代の歴史書にあらわれた津軽

武井紀子氏

(弘前大学人文社会科学部准教授)

企画展3

「弘前藩の

美術」

第4回

1月14日(日)

同上

近世 幕府と藩を手玉に取った男-18世紀津軽の山師・足羽次郎三郎の活躍- 長谷川成一氏(弘前大学名誉教授) 同上
第5回

3月18日(日)

同上

近現代 津軽発明治の国際交流 北原かな子氏(青森中央学院大学教授) 企画展4「おひめさまとおひなさま」

※テーマは変更する場合があります。

 

★新発売!<郷土歴史シリーズVol4 津軽信枚~弘前藩の基礎を築いた「天下無双の美男」藩主~>

著者:弘前大学名誉教授 長谷川成一氏

出版:弘前市立博物館後援会

内容:弘前城の築城や城下町の建設など弘前藩の基礎を築いた二代藩主:津軽信枚。徳川家康の養女の満天姫に見そめられた我が国有数のイケメン藩主の人物像に迫る一書。

※市立博物館のほか、紀伊國屋書店弘前店、ジュンク堂書店弘前中三店でも発売中。

 

 定価:400円(税込)

 

★<郷土歴史シリーズVol3 竹森節堂ねぷた絵草稿>は重版出来!

出版・編集:弘前市立博物館後援会

内容:弘前ねぷたの様式を確立し、一世の名人と謳われた日本画家竹森節堂の偉業を讃え、弘前市立博物館が所蔵するねぷた絵草稿から72枚を紹介。

定価:400円(税込)

 ※市立博物館のほか、紀伊國屋書店弘前店、ジュンク堂書店弘前中三店でも発売中。

 

     

               津軽人の魂じゃわめく1冊を、是非、あなたのお手元に!

 

★常設展「ひろさきの歴史と文化~原始から近現代へ~」

監修:長谷川成一氏(弘前大学名誉教授)

内容:原始から近現代までの通史を、各時代を特徴づける12のテーマを設定して、パネルと資料で分かりやすく紹介しています。

→ くわしくは『常設展のリニューアル』のページをご確認ください。

チラシPDFファイル(6127KB)

(特別企画展の会期中は、「ひろさきの歴史と文化 ~原始から近現代へ~」の展示はありません。)

 

★『博物館常設展示図録』好評発売中

平成28年9月に常設展示図録が刊行され、博物館及び弘前市内の書店で好評発売中です。

写真などの資料を約180点掲載し、原始から近現代、民俗を網羅するとともに、弘前歴史年表やひろさきの文化財マップも掲載されています。監修は長谷川成一氏が務め、弘前の歴史と文化を分かりやすく紹介した1冊です。

規格はA4判のフルカラー51ページで、定価は800円(税込)です。

郵送を希望される方は、博物館へ電話で申し込みしてください。郵送料は着払いとなります。

※詳しくは、博物館へお問い合わせください。(電話0172・35・0700)

 

 『常設展示図録』

〇図録チラシPDFファイル(864KB)

 

 

 

●弘前市立博物館マスコットキャラクター「いのっち」のデザインを使用する場合の

手続き方法について、掲載しました。

→ くわしくは『デザイン「いのっち」』のページをご確認ください。

 

 

●収蔵資料の公開の最初のものとして、文献資料目録(第1期)を掲載しました。

→ くわしくは『収蔵資料』のページをご確認ください。

 


●資料の特別利用の方法、注意事項を利用案内のページに掲載しました。

 

 

●弘前市立博物館が、弘前市の景観重要建造物に指定されました。

→くわしくは「建築としての博物館」のページをご覧ください。

 

 

●猪形土製品「(愛称)いのっち」の商標・意匠の使用方法

についてのお知らせを利用案内のページに掲載しました。

 

 

 

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

   

弘前市立博物館

博物館カレンダー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る