弘前市
現在の位置: 弘前市トップ > 弘前市立博物館
現在の位置: 弘前市トップ > 弘前市立博物館

ここから本文です。

弘前市立博物館

弘前市立博物館の新着情報

2020年05月30日 ブログ博物館
2020年05月29日 刊行物紹介・販売博物館
2020年05月18日 展覧会

弘前市立博物館トップページ

 

重要なお知らせ

新型コロナウイルス感染予防のため、以下の対策を講じていますのでご理解とご協力をお願いします。

 

発熱・咳・全身痛等の症状がある方や、体調に不安のある方は、ご来館をお控えいただくようお願いします。


ご入館時は、マスクを着用していただくよう、ご協力をお願します。


入館の際は、消毒液の使用若しくは手洗いの励行をお願いします。


観覧の際は、十分な間隔をとってご観覧ください。


館内ロビーでの給茶機の使用と椅子の対面配置は取りやめています。


入館後も咳が止まらない等の症状が確認された場合は、責任者の判断によりご退館をお願いすることがあります。


混雑時には入館を制限する場合があります。館内に滞在可能な人数は最大50人程度となります。


入館の際には、体調確認並びに氏名等の記載をお願いしています。


 

★令和2年度の年間展覧会予定★

→ こちらをご確認ください。

 

現在開催中の展覧会

企画展1「津軽アーティスト列伝」 ※期間を延長して開催します

 

多彩な発想や技術によって生み出され、我々の感性を刺激する「アート」。

本展では津軽にゆかりのあるアーティストによる「アート」を縄文時代の土器から、佐野ぬい、奈良美智といった現代作家の作品まで、ジャンルを問わずに展示します。

 

会期:令和2年4月4日(土)~5月10日(日)7月12日(日)

休館日:4月20日(月)、5月18日(月)、6月15日(月)

開催時間:午前9時30分~午後4時30分

※次回予定しておりました、特別企画展1「歌川広重」は、今年度の開催を中止することとしました。なお、引き続き企画展1「津軽アーティスト列伝」を延長して開催いたします。

 

今純三「バラライカ」

大正8年(1919)

 

▼主な展示作品▼

・「猪形土製品」(十腰内2遺跡出土)
・青海源兵衛 「青海波塗月千鳥蒔絵長箱」
・小川破笠 「関羽図」
・竹森節堂    ねぷた見送り絵「楽女」
・今純三 「バラライカ」
・佐野ぬい   「バークレー・オールデイズ」

 

▽併設 常設展「ひろさきの歴史と文化~原始から近現代へ~」

 

常設展「ひろさきの歴史と文化~原始から近現代へ~」

監修:長谷川成一氏(弘前大学名誉教授)

原始から近現代までの通史を、各時代を特徴づける12のテーマを設定して、パネルと資料で分かりやすく紹介しています。

くわしくは『常設展のリニューアル』のページをご確認ください。
『常設展示図録』については、こちらをご覧ください。

 

前川建築

弘前市立博物館は、近代建築の巨匠・前川國男が設計した建物です。

くわしくは「建築としての博物館」のページをご覧ください。

 

アンケートフォーム

弘前市ホームページのより良い運営のため、アンケートにご協力をお願いします。

回答が必要な場合はこちら

よくあるお問い合わせはこちら

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

 

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

 

質問:その他ご意見・ご要望をお聞かせください。

施設利用のお問い合わせ(予約・申込等)については、各施設にご連絡ください。

弘前市立博物館

博物館カレンダー

お問い合わせ
よくある質問
相談窓口

ツイッター フェイスブック RSS

上部へ 前へ戻る